スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pray for Japan

自分は無力です、出来る事は募金と絵を描くくらいです
なので支援を申し出てくれた世界の方に絵で感謝を示します

萌え国旗・日本-感謝-

被災された方が一日でも早く元の生活に戻れますように…

コメント

No title

( ・ω・)ノ こんにちは、せなみさんの素敵な作品、いつも楽しく拝見しています。

(・ω・ )地震でもご無事で何よりです。私は千葉でしたがすごい揺れでした。

(っ・ω・)っ ふと思ったのですが、こういう機会だからこそ、せなみさんの萌え国旗は、もしかしたら世界中からの義援金を東北地方に届ける大変な効果を発揮するかも知れません。

(っ・ω・)っ 今はインターネット通販の時代ですから、世界各国の国旗をバッジやその他のグッズ(マグカップやサッカー他スポーツファンの降る旗など)にして、アマゾンに商品として卸し、大手のおもちゃメーカーや善意の企業(イメージアップになるので、いくらでもスポンサーは付くと思います)に製造・販売(収益はせなみさんの希望される割合で分配を決定できると思います)を委託すれば、一個数百円~千円で、簡単に世界中で数億個は販売できると思います。

( ・ω・)すでに前世界中のマスコミが広告費を一円もかけずにこの危難をしらせています。ですから、あるきっかけがあれば義援金の集まる速度と額は加速するでしょう。きっかけとは、「何かを与えること」と交換で、義援金を出しやすくする、ということです。心理的な満足、ということだけでなく、第3者として傍観している外国の人は、「何らかの有形の印」を受け取ることと引き換えにすることで、お金をはるかに出しやすくなる、またその金額も巨額になる、という真理があります。

(っ・ω・)ノ ですから、今回のようなpray for Japan の絵柄は誠に素晴らしいものであり、ただでさえ高いお金を出して買いたいと外国の方が思うであろうせなみさんの萌え国旗バッジが、こうした危難に際しての義侠心をも満足させるものであればなおのこと、安価に設定しても、ものすごい勢いで売れていき、「全額を東北地方に寄付します」ということであれば、一つ500円×1億個=500億個、というのは現実的にありうる数字だと思います。

( ・ω・)ノ 日本人なら、一つでなく10個~100個でも買って配り、さらに購入を呼び掛ける人もたくさんいるでしょう。国旗シリーズをおつくりになれば、一人平均20個×mixiの1000万人=2億個は、国内だけではけると思います。mixiトップで
宣伝してもらえれば(企業イメージアップに貢献しますから喜んで宣伝すると思います)簡単にmixi2000万人に告知できますし、mixi内でチェーンメールを出しても簡単に実現できる数字だと思います。ちなみに、facefookで5億人からいる世界中のユーザーに対し、アプローチすることもできると思います。私も個人的にfacebookの友人に、「これ、バッジにしたらいくらで買う?」とアメリカ・イギリス・フランス・オーストラリア・ニュージーランド・ドイツ・スペイン・コロンビア・ブラジルの友人に聞いてみたのですが、20人のうち20人が全て「絶対買う!欲しい」と言っており、バッジなら500円で買うが20人、700円で買うが15人、1000円で買うが8人でした。ですから、500円なら、こうした危機です、呼びかけを見たSNS内の人はほぼすべて買うと思います。

( ・ω・)そしてfacebook内では、ものすごい勢いでチェーンメール形式で、世界中の芸能人・スター・大統領・政府官公庁部署の拡散力・信用もつけて情報が連鎖しますから、こうした条件が整っている限り、数億人に伝達されるのは簡単なことだと思います。そしておそらく、目にした2~3臆人はほぼ500円(=5ドル)なら
100%1個~10個~20個を購入するでしょう。ベッカムをはじめヨーロッパじゅうのスポーツスターが日本を心配しているとのメッセージを発していますから、個人的にアプローチしてたった一人が「こんな可愛いバッジを5ドルで買えた。皆さんもぜひ買ってあげて!日本を救おう!」と日記を書いたら、爆発的に世界中で購入が起きます。

( ・ω・)1億個販売は夢でも幻でもないと思います。10億個も十分あり得ます。
10億個なら、一つ500円として、5000億円をせなみさんが東北地方復興のために届けることができると思います。もちろん、せなみさんの地元の新潟県の中越での地震のためにでも素晴らしいと思います。当然、こうした貢献をなさったせなみさんの社会的名声が高まり、お仕事が全世界(日本も含む)から押し寄せることは
想像に難くありませんから、このプロジェクトで全額を寄付なさったとしても、今後
一切お仕事に困ることはないと思います。(@^▽^@)ノ

( >ω<)さしでがましいことを申して済みませんでした。ただ、東北地方で被災しておられるご老人やお子さんたち、家族を失うであろう数万人の方を慰め勇気づけるには、せなみさんの秘めておられる力は、大変大きな役割を果たす事ができるのではないか、と直感した次第です。現在までに制作なさっておられる国旗シリーズ、日本シリーズだけでも(東北地方シリーズなら最適ですね)、世界中で
義援金を洪水のように日本に押し寄せさせる呼び水となると思います。

( ・ω・)最大の難点は、せなみさんご本人が、製品化のために企業との打ち合わせなどをする手間・時間がとりにくい事かもしれませんが、こうした案件ですので、
企業は喜んで製作費として数100万円~数1千万円を(利益は企業に残らずとも企業イメージアップ効果は数億円~数10億円~数100億円になりますから、どの制作請負企業も、喜んで原盤制作費用とhして、そのくらいは支払うと思います)せなみさんに当座のお仕事を補ってあまりあるほどの対価を、支払うと考えられます。その後改めて落ち着いてお仕事を探されるという選択肢もあるのではないかな、と思いました。

( ・ω・)私はとある保守系のSNSに所属し、すでに4万5千人ほどの会員に告知し、mixi、FACEBook、その他の国内外のソーシャルメディアで、一旦せなみさんのgoサインが出れば、販売・受注体制を代行する人員をボランティアで大量に募り、面倒な商品発送の手間も代行し、きちんと全額、公的な役所に届ける(せなみさんのお名前を出すかどうかはせなみさんのご意志に従えると思います)ことも責任を持って行えると思います。

( ・ω・)実際には、アマゾンの自動決済・販売出荷・代金収納機能を使って全世界から受注するのが一番簡単でしょうから、(代行手数料15%が取られますが、こういう特殊自体ということで、全額寄付金にするということなら15%を大幅に交渉によってまけさせて0%で可能かも知れません)アマゾンに出品するのが、信頼性と言う面で一番よろしいかと存じます。そうした販売サイトや宣伝サイトの作成などは、やはりボランテイアでやってくださる方がたくさんおりますから、せなみさんがgoサインをくだされば、「せなみさんがどれくらいの割合で販売収益金を義援金に渡したいか」も含めて、全てせなみさんのご指示に従い、実行したいな、と思っています。以前お誘いしたこともあると思うのですが、SNS my日本、という、
日本の大好きな市民が集うSNSに所属しています。SNSに所属するのは難しいとのことでしたので、SNSとの連絡はよろしければ私が代行します。多数のファンの方と連絡は取りづらいようでしたら、あまりご迷惑をかけないよう、私がまとめて
”こういう販売サイトにしたいのだけれど、せなみさん、いかがですか?” など、少数の伝達事項をお伝えするよう、留意できると思います。

( -ωー)突然の詳細な申し出、驚かれたことと存じます。ただ、amazonで出品作業をするにしても、「売れることは確実に分かっている、東北地方を救うことができることは分かっている」にも関わらず、大量の注文が殺到した場合に、それをさばいて、発注ミスがないようにするためには、やはりある程度の集団の力と発送作業にかける時間がなければならないと思いました。発送作業が一番のネックに
なると思いますので、そうした知恵も含めて、衆知を結集して、せなみさんの作品を日本の中で、また世界の中で活かしきるために、宣伝能力の高い人材、サイト作りの能力のある人材、大量告知戦略を立てる人材、語学に秀で、世界中に商品の存在を伝えることができる人材が、4万5千人の中にはたくさん揃っています。

( ・ω・)もちろん、みなさんボランテイアで、こうしたプロジェクトを軌道に乗せたいと願っています。せなみさんの御許可がいただけたら、という条件がついておりますので、現段階では企画でしかありません。ただ、極力せなみさんのお邪魔になるようなことは控えるつもりです。4万5千人の会員もみな、東北地方を救い、この日本を救うべく、せなみさんと同様に、何かしたい想いでいっぱいです。もし、世界で販売し、全額義援金(せなみさんの作品なのに差し出がましくて申し訳ありません)にしてもよい、という御許可をいただけたら、順次、プロジェクト詳細を企画し、
せなみさんのもとにお届けしようと思います。

  ご賢察いただければ幸いです。    
                   ひこにゃん こと 関 信司(千葉県在住)

いやいやいやいや無理無理無理無理w

「簡単に世界中で数億個は販売できると思います。」(`・ω・´)キリッ
「私は会員数45000人のSNSに所属しています!」(`・ω・´)キリッ
「人材が、4万5千人の中にはたくさん揃っています。 」(`・ω・´)キリッ
すごいですね!w

とはいえ、私もせなみさんのファンで、いつも拝見させてもらってます。
萌え国旗が商品化されたなら、全種コンプリートを2セット買う覚悟は出来ています。
夢物語には付き合わないで、着実に、一歩一歩前に進んでいってください。
シール、楽しみにしてます!

なんか熱い方がいらっしゃいますねぇw。
でもまあ、義援金を募る為のアイテムとして、せなみしの萌え国旗は悪く無いアイデアだとは思います。
何せ『可愛いは正義』は、万国共通ですからw。
まあ、上手く事が運べば億は無理だとしても、一万psは確実に行くとは思います。が、スポンサー企業を捕まえない事には難しい話しだと思います。
過去に某所でピンバッチの制作の話しが出た際に、1ロット(500ps) で最低でも18万円と判明して、個人で遣るにはリスクが大き過ぎるとの結論が出て、話しが尻すぼみしましたからねぇ。

米1氏、もし本気でこの”Pray for Japan”を始め、萌え国旗での義援金を募る事を考えて要るのであれば、まずはスポンサー企業を探した上での話しでないと、説得力がなさ過ぎると個人的には思います。

No title

現在市販されているのであれば、収益の一部を寄付するのもいいと思います。
でも、多くの人が困っている震災を足掛かりに商品化して利益を得た場合、
「便乗」「売名行為」等々、批判を受ける可能性があるのではないでしょうか。
かと言って、世界規模の話を手弁当でやれ、身銭を切れ、時間を使え、
・・・というのも、酷な話だと思います。

今回お亡くなりになった方は大変多く、その概要もまだ掴みきれていません。
悲しんでいる方、苦しんでいる方も大勢いらっしゃいます。
親戚の安否がいまだ分からない方もいらっしゃいます。

個人的には、アイデアは斬新で大変面白いと思います。
でも、せなみさんは「Pray for Japan」とおっしゃっているのですから、
その気持ちを尊重してあげたい、と私は思います。

No title

皆さんのコメントはどれも一理ありますし、決して間違っているとはいえませんが、もう少し現実的に考えてみましょう。

今現在、一番確実な方法としては、プリクラシールが商品化されるということなんで、それに、せなみさんの今回のPray for japanのイラストを加えるか
差し替えをして販売し、その売り上げの一部を義援金として寄付するというのが一番現実的ではないかと思います。

ただ、私のコメントにしても、私自身の勝手な考えでしか有りません。リアさんのコメントに有るように、一番大事なのはせなみさん自身の気持ちを尊重してあげるということでしょう。周りが勝手に騒いでも、せなみさんに迷惑かけるだけだと思います。

No title

みなさん、ご意見ありがとうございました。
せなみさんへのコメント欄ではなく、直接メールフォームからせなみさんに
ご連絡してからのほうが混乱は少なかったと思います。そっとせなみさんの
作品を応援したいというファンの方にとっては、唐突に過ぎたと思いますし、
今後閲覧される方にとっても戸惑いの元となると判断されましたら、せなみさんの
後判断で、私の分の書き込みは削除していただいて構いません。お手数をおかけします。

私としては、みなさんがお考えであるように、「100%せなみさんのご意志が尊重される」との意見に全く賛成です。あくまで「せなみさんがgoの意思を出されるならば全力でスポンサー企業(すでに売名行為・搾取行為を行わず粛々と発送業務を
行える企業のあたりはつけています。)に話を通す事から、販売サイト、キャンペーン戦略から、本格的に始動する準備は整えたいと思っています、というご提案に過ぎません。

( ・ω・)私はせなみさんの作品は、利益の出る商品として自由な口コミで広めていったとしても、簡単に数十万個~数百万個は、個人でも販売できると思います。
言語を変えてアマゾンで販売する企業と提携すれば、簡単に世界展開で数千万個の販売も可能だとも思っています。ただ時間は多少かかるかもしれませんが。
ですから、ゆっくりせなみさんのペースでよいものを届けたい、というせなみさんの
お気持ちがあるようでしたら、それに反して何かを強制することはよくないと感じます。個人的に売り上げから募金なさるだけで十分素晴らしいと思いますし、募金なさらず被災地のために祈り癒される絵を描かれるだけでも素敵な活動だと思いますし、それも完全なせなみさんのご自由だと思います。

実際には発送手続き作業と原材料費を必要経費として考えれば、完全な手弁当ではなく、NPO法人に発送業務を依頼して、格安で世界への発送・受注作業を
信頼できる長期作業として代行してもらうこともできると思います。その場合は「最終的収益を全て被災地に」という目的は達せられると思いますし、もうけ主義ではないと立派に反論できると思います。

( ・ω・)ただ、ご自分で眼の届く範囲で、ご自分のペースで作品販売をなさりたいということでしたら、私も熱烈なせなみさんのファンの一人として、それを100%応援し、心よりデビューを祝福いたします。もし今回の案件で具体的なお話に関心
がおありでしたら、少し時間をおいてからでもお声をかけていただければ幸いです。

(@^ー^@)変に重苦しいお話にしてしまって、せなみさんにもファンの方々にもすみません。全てのファンの方々と同じく、私もせなみさんの作品のファンです。製品化は今後もバリエーションに富んだ形でさまざま展開されるでしょうから、その際は個人的にも購入させていただき、また日本と世界で広めていくつもりです。

(っ・∀^)ノ これからも応援しています―――!!

No title

( ・ω・)参考までなのですが、facebookはmixiと異なり実名登録ですので、mixiなどの匿名SNSと異なり、一旦大義が得られた情報・信頼性のある情報については、
日本と異なり、伝達速度・浸透度はけた違いに速いです。100名~500名ほどのフレンドを持っている人が平均的に多いですから、仮に一人平均100名の友達がいるとして、一人の人間が100人に一斉にチェーンメールを出せば、100×100×100×100=一億人に、4段階連鎖だけで簡単に一億人に無料で告知ができます。あとは、その呼びかけに「大義があるかどうか」です。大義があればこの流れは止まりません。ですから、1週間で一億人から賛同を得て一人平均1個の受注を受けるということ、一人たった5ドルの義援金を贈るということは実現性の高い話だと考えられます。海外の芸能人なら一人で大量に購入して販売することもあると思いますから、要はこの善意が「たった4連鎖すら期待できないものかどうか」ということだと思います。

( ・ω・)また、受注量が期待できない時点で販売開始してしまっていいのものか、という不安はあると思いますので、在庫を抱えずに済むように、「ドロップシッピング型」で、「受注確定してから必要量を生産して発送作業に移る」という形をとれば
在庫リスクは0に抑えられると思います。

( ・ω・)少し話がそれました。今回の提案がたとえせなみさんのお気持ちに沿わない物であっても、いずれ立派な商品として日本や世界に対してどんどん販売されるべきだということはみなさん同意されると思います。その際には、ご迷惑をおかけしたお詫びに、こうした方式を参考にされて、リスクを負わず、どんどん良い作品を世に広めていただきたいな、と感じています。

( ^-^)ノ これからもみなさんと一緒に、熱烈に応援しています!


                 //           ____/       \_________
               // |\_____/                     /
               // │                              /
              // │                             (
              //  │            ,,,,,||||||||||||,,,            )
             //  │         ,,,|||||||||||||||||||||||||          /
             //   │        ,,|||||||||||||||||||||||||||||||||         /
            //   /       |||||||||||||||||||||||||||||||||||||        /
            //   /       ,,|||||||||||||||||||||||||||||||||||"       /
           //   /      ||||||||||||||||||||||||||||||||||||"        │
           //   /       ||||||||||||||||||||||||||||||||"         /
          //  /         ||||||||||||||||||||||||||||"          /
          // /           ""|||||||||||||||||""          (
         //<                        _____\
         //  \__            ______/         ̄
        //       \________/
        //
   ∧__,∧ //       
  ( `・ω・//  
   ヽ  つ0   せなみさんの優れた感性と作品を
   し―-J   全力で応援します―――!!!

No title

一言。せなみ氏のprayとその形に賛同。
「今」私たちが背伸びをせずできることが「今の」私たちにできることだと思います。
僕はせいぜいお金を寄付することしかできません。それも小額。
でもそれが今の僕にできることですから。それ以上は今の身の丈に合わないや

No title

提案そのものは賛成しますが、
一度にやってしまおうとすると個人単位や、たとえ企業単位でも無理が生じます。
それによって被災者の皆さんやせなみ先生に迷惑をかけてしまっては元も子もないと思います。

僕に出来ることは被災者募金をすることと、この絵のプラバンキーホルダにすること。
そしてこの絵をボランティアのマークか何かになればなぁ、と願うことぐらいしかありません。

No title

Pins 1億個って…wwwww
 それだけ作るお金があれば、それをそのまま義援金として寄付した方が早いです。
ドロップシッピングって…
 注文したらすぐお金払ってね、品物届くのは半年後よ。で良ければ可能ですけどね。
まぁ、現実的ではないですね。

アルシオンさんって、プラ版の人でしたか。
インクジェットでプリントして使えるプラ版あるみたいですよ。

No title

いや・・・やり方によっては非現実的とはいえないんじゃないか?
Lさんは「それだけ作る金があればそれを寄付したら」って言うけど、
100円のバッジのコストで500円で売れるんなら、100円の原材料費しか
寄付できないし、何か見返りが形になっていなければそもそもその100円すら
寄付しないだろう、というのがコメ1氏の趣旨でしょ。

ただの寄附要請なら100万人中10万人しか反応しなくて、しかもそれが100円しか寄附しない外国人でも、せなみさんの作品と引き換えなら、100万人中90万人が500円ー100円=400円を実質寄附してくれるんなら、1000万円→3億6千万円と、圧倒的に差がつくってこと。ただの「寄付してちょうだい」より、「交換・返報性心理」を活用するほうが、圧倒的に結果として寄付の集まる金額が多いってのは、マーケテイングの基本中の基本だよ。

あと、半年も時間はかからんだろ。フツ―にアマゾンで海外から商品注文しても
3~4週間とか頻繁にあるし、そこは海外注文の常識だよ。封入、住所貼り付け、梱包と分業高速化を図れば、趣旨に賛同すれば小学生にだってできる作業だよ。3人ひと組で1時間700個は発送できるよ。気の利いたNPO法人ならだだっ広い公民館でも借りて有志をネットで集めれば引退した高齢者の人とかが地域で3000人ぐらい今なら簡単にあつまるでしょ。3000人体制で一斉稼働すれば1時間あたり70万個だろ。ボランテイアだから1日5時間だけやるとして1日の発送量は350万個、1か月で1億500万個。

だから仮に世界から同時に1億注文来たとしても1か月以内に全て発送できるよ。
こういう事態だから事情を説明すれば、1か月ぐらい待ってもいいってやつが大多数だと思うよ。要はネット使って大人数を動員できれば、一人あたりの負担も軽くなるし、それを負担に思わない人もたくさんいるってことだから、仕事も血の現役世代の感覚だけから外れたところで考えれば、できないことじゃないよ。

コメ1氏の理論は確かに少し大きい数字だとおれも思う。facebookでフルに広告戦略を使って募集をかけたら1000万~3000万個が現実的な数字だと思う。だから3000人動員かけられれば3日~9日の間ボランテイアを稼働させられる実行力がそのNPOにあるかどうかが全てだろう。俺はネットで日本のオリジナル商品販売してるからよくわかるけど、外国人はほんと日本だけにしかないものに惜しげもなくお金使うよ。せなみさんの萌え国旗はオンリーワンの物だから、5ドルっていうのは確かに安すぎ。10ドルでも複数個買う外国人はそれこそうなるほどいると思う。

だからコメ1氏のアイデアには一目置くが、もうちょっと「何人の梱包発送人員でどのくらいの期間をかけて発送完了するのか?」を具体的に提示しなければだめだと思う。

あと、発送作業をするのに人員が多いほど短期間で業務終了できるのは自明の理なので、別に企業に発送代行してもらっていいんじゃないか?分業体制なら
1時間に700個発送できるわけだから、一人の顧客に対し発送手数料1円としても、時給700円でバイト雇えばトントン。500円の商品で100円の原材料費+1円×3人=3円の発送手数料なら、許容範囲でしょ。28万円の収益を義援金にするのに2100円だけの発送手数料なら、地球一良心的だと思うよ。(収益の99.25%が義援金になるんだから)バイトを雇えば雇うほど、発送業務を高速化できるから、それこそ3000人バイトで雇って1週間以内に1000万~3000万個の発送業務完了して、40億円~120億円を義援金として届けることはできるでしょ。
アマゾンは確定注文の売上から即銀行に引き出しできるから、バイト雇うお金も
現時点では1円も必要ないし。

さらに話10分の1として100万個~300万個としたって、義援金4億~12億円だよ。商売としてなら短期間で100万個以上は無理だと思うけど、義援金プロジェクトとしてならその数字は”あり”だと思う。あとはコメ1氏の提供する人材が、facebookで、意図をきちんと伝達できる外国語メッセージを用意したり、少なくとも英語でせなみさんの作品の魅力を表現する技術を持っているかどうかでしょ。

ただビジネス経験のある人間なら、そんなに手間じゃないと思う。国内向け販売
を考えたらある程度飽和のあるビジネスだと思うけど、世界相手なら1000万~1億個のロットで販売された商品ってそんなに珍しくないから、せなみさんがいいと
思ったら、やってみてもいいんじゃないかな。ただ、いきなり海外は不安なので国内から始めたいっていうのは無理からぬ話。信頼できる企画・提案になっていたら、作品だけ提供して、販売・発送ばバイトを雇って代行してくれる企業に委託して、義援金をたくさん届けるというのは、ビジネスのセミプロとしても、考え方としてはいい線いってると、思う。

コメ1氏はアイデアとしては面白いんだけど、せなみさんはいきなりこうした世界的な事件に際して、個人が情報の発信源になることの経験が豊富でないことを考えてあげないと。プロがやれば確実に成功すると思うけど、著作権保有者のせなみさんの意志はもう少しささやかな範囲にあるんだから、くちおしい気持ちはあると
思うけど、せなみさんの気持ちが熟するのを待ってあげたほうがいいよ。

ただ、この時だからこそ世界で1000万個以上短期間で売ることができるだろうという意見には、賛同するよ。

No title

諸々含めて原価100円という時点日本国内での生産は考えられないんですよ。
と、中国辺りに外注に出すことになるんだけど、L/C起こしたり諸々の手続きの
期間やら、製造に掛かる期間を考えると、4週間の納期でドロップシッピングと
いうのはありえないんですは…

そういうの考えると、アイディアとしては面白いけど現実的ではないという話。
億単位の種銭があるとか、すでに1万個位の予注があって入金済みというの
なら話は別ですが。

No title

「SNSを使いさえすれば、口コミで簡単に世界中で何千万個も売れる!」
という幻想は捨てるべきだと思います。

私も「せなみさんの作品は素晴らしい!商品として立派に世界でも通用する!」と思っています。

しかし失礼を承知で言いますが、ブログやpixivの訪問者の推移を見ると、悔しいけれど、世間的にはせなみさんの知名度はほとんどゼロです(ニコ動という狭いコミュニティ内では一定の知名度があるかもしれませんがw)。
アニメ化でもされているのなら話は別ですよ?
でも、国内でさえ無名の、アマチュアの、何の肩書きもない、趣味の絵描きが作ったオリジナルのバッジが、口コミだけで世界中で何百万個と売れる?
到底信じられません。

圧倒的多数の人は、どうせ募金するなら、たとえバッジがもらえなくても、もっと知名度のある芸能人やスポーツ選手やアーティストが開設した基金に集まるでしょう。
外国の人も、素直にその国の政府か赤十字を通じて募金するでしょう。

夢想するのは自由ですが、何の現実性も裏付けもないその妄想の主役に、他者を据えようとするのはどうかと思います。

はい、ここまでー

みなさんの萌え国旗への熱い気持ち、素敵だと思います^^
それで、せなみさんのお気持ち、みなさんの御意見を参考に
私なりにちょっと考えてみました

せなみさんは
「支援を申し出てくれた世界の方に絵で感謝を示します」とブログに書いてます

私が出した答え「PrayForJapan_ThankYouForTheWorld」
稚拙ですけど私なりに動画を作ってようつべにアップ、ブログにも貼りました

いろいろな方法、いろいろな解決策があるんだと思います
でも、イラストへの大好きな気持ちはみんな一緒
そこからスタートしてみませんか?^^

No title

日本ではキャラがメインになり、国旗は飾りとして見てるので一人3~5個買うことも珍しくないと思いますが、海外では考え方が違います。
国旗ともなれば自分の国か、仲のいい国のバッチくらいしか売れそうにありません。
戦争で相手の国のバッヂを付けていれば戦争もなくなりそうですが。

この絵のレベルでの寿命は普通に見れば1年くらい、長く見て3年間です。
1ステップ上手く(細かいところの正確さなど)なれば1年半、2ステップ上手く(よりリアルなタッチを要求)なれば5年間くらいに伸びそうです。
販売数は人口の0.15%くらいが妥当かと。(1万人に15人)
バッヂの他にはベルトやボタンでも商品化できそうですね。
より小さい方が使いやすさはありそうです。
販売期間を短くし、10年ごとに3回に分けて行うのが最も効果的でしょうか。(寿命が5年間なら6年毎)

しかし、今の1国1種類ではバリエーションが少なすぎます。
女の子と花、男の子と料理、大人(父母)と建物(家や橋など)、お年寄りと観光名所など(他には赤ちゃん、動物、楽器、乗り物、兵器、スポーツ、日用品、玩具、などなどなど)、絵のバリエーションを増やす必要があると思います。
これは、多種類になるほどいいと言うものでもなく、種類が多くなるほど迷いが生じ、売り上げにも影響します。
1種3パターンくらい用意するのが好ましいです。
1シーズン毎にポーズや位置を変えるなどの工夫をすることで、購入意欲が回復すると思います。
(5~7種x3パターンx国の数、1シーズン1国15~20種類くらい。30年間分で10000種以上。一日5種作って約6年)
なので、このままのスタイルで行くのであれば今のやり方が一番いいと思います。
また、徐々に作りながらの販売でもトータルの寿命は変わらないと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。